本当に痩せるサプリはあるの?【教えて!サプリ君】

本当に痩せるサプリはあるの?【教えて!サプリ君】

痩せるサプリとは「補助食品」であり、それだけで瘠せようとすると体に負担がかかる恐れもあります。正しい用法用量で、適度な運動なども兼ねて行う事により、効果が現れてくるものです。そこで、痩せるサプリの正しい選び方、飲み方について学んでいきましょう。

痩せるサプリには主に3つの種類があります。「脂肪燃焼型」、「カロリーカット型」、「腸内環境調整型」です。

運動しても中々効果が無い方には、「脂肪燃焼型」がオススメです。運動を一緒に取り入れることによってサプリに含まれる成分、アミノ酸やビタミンB群、L-カルニチン、カプサイシン等が脂肪燃焼を手助けしてくれます。つい食べ過ぎてしまう人には「カロリーカット型」をオススメします。必要以上に栄養を摂取しないようにするギムネマ、キトサン、サラシア、ガルシニア等が含まれています。お腹まわりが気になる方には「腸内環境調整型」がオススメです。食物繊維や乳酸菌、ビフィズス菌等が含まれており便秘改善に効果的です。

ただ、選ぶにしても注意すべき点もあります。例えば海外の製品などは、成分がきちんと表示されていない事や日本人の体質に合わない事もあります。過度な広告をしている製品もまた怪しいものです。「補助食品」の域を超えているような物言いには気をつけないと、不良品をつかまされることもあります。きちんと情報が公開されているか、品質に問題が無いかチェックして正規品を見極める事が大事です。

痩せるサプリは基本的にミネラルウォーターで飲むのが良いとされています。お茶や水道水、ジュースでは栄養分が上手く吸収されずに排出されたり、化学反応を起こして危険になるケースもあります。飲む時間帯は種類によって様々ですが、基本的に「脂肪燃焼型」は運動前、「カロリーカット型」は食前、「腸内環境調整型」はいつでも良いとされています。

飲む期間は3ヶ月位を目安に続ける事が大事です。特に「脂肪燃焼型」や「カロリーカット型」の効果はゆっくりなので、短期間では気づきにくいからです。また、効果が出ないからといってサプリを過剰摂取するのも良くない事です。物によっては副作用により、体調不良を引き起こします。

サプリを飲んでいるからといって、食べ過ぎたり、食事制限をしたりする人もいますが、過信は一番良くありません。逆に太ったり、リバウンドしてしまう事もあります。あくまで「栄養補助食品」ですので、正しい食生活と併用して摂る事を心掛け、健康的な瘠せ方を目指しましょう。

サプリ飲む

ある日、スポーツクラブでこんな会話をしていました。ある会員さんがマクロナルドのグッズを小さな鞄に身に着けていたので、
そのことについて話が発展していきました。そこでその会員さんは「私はマクドナルドはしょっちゅう利用していて、特に揚げ物や
パンは食べまくっているよ」と言いました。しかしその割にはその人はスリムです。

痩せるサプリを飲んで体を整えていくことがまず第一に優先する事なのです。

その人のスリムな秘訣は動くのが好きなのでその分、消費しているのです。反対に私は動くことはあまり好きではありません。
そのことをその会員さんに話すと「もしあなたが私ぐらい食べていたらすでに肥満体型になっているかもよ」と言われました。

私は動くのがあまり得意でもなく、むしろおっくうに感じることからカロリーオーバにならないように極力注意しています。

特にパンや揚げ物などの糖質や揚げ物といったものは極力控えることにしています。糖質の摂取は基本的に3度の食事のお米、
しかし気分転換に時折お米の代わりにさつまいもの時もあります。いずれにしてもどちらの場合も170kcalと決めており、
それ以外には朝食の果物ぐらいです。そして揚げ物といったものもほとんど食べません。そもそも揚げ物を長い間していなくて、
天ぷらなべにかびが生えていたので処分してそれ以降、新しいものを買っていないです。それゆえに揚げ物はできないのです。

痩せるサプリだけではダイエットを成功することはできません。
ダイエットサプリと合わせてしっかりと栄養を取っていくことが重要なのです。

もちろんスーパーなどで買うことはありません。揚げ物は案外、低たんぱく高カロリーの物が多く、筋肉をつくる材料である
たんぱく質が少なく、カロリーが高いだけでなく、体脂肪を増やす原因となるとなる脂質や糖質が多いです。

とにかくタニタの社員食堂のレシピを参考にするようにしています。そのレシピは1食当たり500kcal前後で
カロリーの割には内容が濃いです。そしておすすめの主食はご飯で1食当たり160kcalです。
しかし私としては普通のお米で160kcalは物足りなく感じるのでカロリーカットのお米を利用してかさ増しをして1食170kcalとして、
160kcalにほぼ近づくようにしています。3食ともそのレシピ通りにしてとにかく3度の食事の総カロリーに関しては1日1500kcal前後に
おさまるようにしています。あと、プロテインなどのサプリやホットミルクなどのプラスアルファのカロリーがあります。

痩せるサプリはダイエットに非常に有利な結果をもたらす事は、カロリミットや。フォースコリーを見ていても分かりますよね。

それらをプラスしてもだいたい1600kcalから1700kcal前後です。もちろんお菓子も食べません。あと、お好み焼きや
たこ焼きといったものも食べません。動くことがおっくうだからこそ、食べすぎないように余計に気をつけなければなりません。

食べて動くことは健康的ですが、お菓子はもちろん、パンや揚げ物は本当に私としては「蛇足」の範疇です。それどころか麺類も食べません。
麺類は栄養が炭水化物に偏って血糖値が上がりやすくなり、摂取カロリーも高くなるのでダイエットにおいては大敵です。

パンにおいても同じことがいえます。食べすぎてその分消費するのはほんとうにしんどく、気が遠くなる思いをします。
そのような余分な体力を消耗すると時間の無駄にもなり、疲労がたまって後々の仕事にも差し支えます。
そのような弊害を防ぐためにも、サプリやミルクなどを除いた3度の食事における総カロリーにおいて、1500kcal前後を徹底して守るようにしたいです。

ダイエットを挑戦するきっかけになった痩せるサプリとホットヨガ

私がダイエットを開始しようと思ったきっかけは、一枚のチラシでした。キャンペーン中で開始から3ヶ月は格安、ホットヨガ。私はうつ病と診断され4年の療養生活を続けており、外出する機会も減っていました。うつ病の薬の副作用の影響もあり代謝も落ち、さらに三十路ということで20代の頃よりも更に代謝が落ちていました。

体重計に乗らなくても、鏡を見れば肉感で太ったことが一目瞭然。特に、お腹周り、二の腕、太ももが風船のようにパンパンに膨れ上がっていました。うつ病にヨガがいい影響を与えるという情報も私を動かし、リハビリも兼ねてホットヨガに通うことにしました。せっかく通うなら痩せたい!一石二鳥を目論んだわけです。痩せるためのいろいろな情報を仕入れ、いざ通い始めました。

 

すっぽんと黒酢のサプリメントをホットヨガのプログラムの前に飲んで、アミノ酸で基礎代謝を上げます。そして60分のホットヨガのプログラムをして、汗を大量にかきました。私はサプリメントを飲んだ時の方が燃焼しているのを実感として感じました。体の奥が燃えている感じ。ヨガは緩やかな動きの簡単なプログラムを選んでいたのですが、それでも回数を重ねるごとに汗をかく量が増えていくのがわかります。私個人の感想ですが、汗の匂いもしなくなりました。ホットヨガの前後や最中は水分補給を多くするのですが、飲用水を水素水にしました。

結局、映画俳優でも、女優でも細く体型を管理している人は痩せるサプリを飲んでいるのは間違いないでしょう。

ダイエットをするなら、痩せるサプリを飲む。これは常識なのかもしれませんね。

水素水には、無駄な脂肪を作るのを阻止、新陳代謝を上げる、更に美肌や便秘解消にも効果があるそうなのですが、実感としてはホyaserusapuriットヨガ中の新陳代謝をあげていたのかな…ぐらいでした。最後に、ホットヨガ後30分以内に酵素の入ったゼリーを飲む。これはホットヨガの先生に勧められて試してみたのですが、ホットヨガが終わっているのに燃焼が続いている感覚がありました。基礎代謝がアップするといわれているもののようですね。さらにゼリーなので一食分、食事と置き換えをしました。体調により加減はしましたが、週5回ほど頑張って通い続けて1ヶ月。

なんと、お腹周りのお肉は消滅。ジーンズを履いた時に上に乗る脂肪もありません。お腹の前側のお肉もすっきり無くなりました。太ももと二の腕のパンパンに張ったお肉も、すっきりと引き締まり、全体的に膨らんでいたシルエットが縦長に変化しました。顔も一回り小さくなり、ニキビに困っていた混合肌の私のお肌は、いつの間にかツヤツヤ。毛穴の汚れも無くなりました。

個人差はあると思うのですが、私の場合は1ヶ月で効果を実感することができました。今では週3回ほどに減らしましたが、効果は持続して、冷え症知らずの体質に!美容と健康維持、体型維持にこれからも続けていきたいです。私が女性として自信を持てる、素敵な方法を見つけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>